プログラム
本庄国際奨学財団設立20周年記念国際シンポジウム開催概要

1.主催団体

公益財団法人本庄国際奨学財団


2. 後援

文部科学省、株式会社伊藤園


3. メインテーマ

平和な国際社会への未来図


4.開催趣旨

公益財団法人本庄国際奨学財団は、2016年12月25日に設立20周年を迎えます。この度、これを記念して国際シンポジウムの開催を計画いたしました。本財団では、これまで70ヶ国以上600名を超える方々に奨学金を授与してまいりました。20周年のこの機会に世界中で活躍する同窓生が東京で一堂に会し、旧交を温めあうとともに、「平和な国際社会の未来の姿」を見据えた研究発表、活動発表を行います。

この国際シンポジウムの目的は下記のとおりです。
• 20年の財団の活動の成果を元奨学生の研究、社会活動を通して振り返る
• 20年先の未来について共に考える
• 日本留学、海外留学の促進
• 日本文化の再発見


5.開催期間

2017年8月19日(土)~20日(日)


6.開催場所

東京国際交流館プラザ平成およびグランドプリンスホテル高輪「プリンスルーム」


7.キーデート

2016年11月30日:シンポジウム参加登録の一次締切り
2016年12月31日:発表論文要旨の提出締切り
2017年3月31日:シンポジウム参加登録の最終締切り
2017年3月31日: 発表論文フルペーパーの提出締切り
※他の締切日は随時お知らせします。


8.シンポジウム構成

2017年8月19日(土) 2017年8月20日(日)

一日目

1. 9:30~10:30
受付

2. 10:30~10:50
オープニングセレモニー
会場:プラザ平成

3. 10:50~12:20
パネルディスカッション
「公正な社会にむけての協働:スキル、知識、そして経験を活かして」

(司会:Dr. Naonori Kodate)
会場:プラザ平成

4. 12:20~14:00
昼食

5. 14:00~15:10
本庄寄席
「語り継がれる日本文化~落語に挑戦」

(協力:古今亭菊千代師匠)
会場:プラザ平成

6. 15:10~15:30
コーヒーブレイク

7. 15:30~16:30
基調講演
「国際リニアコライダーと地域からの開国」

講師:岩手県立大学 学長
前・高エネルギー加速器研究機構 機構長
鈴木厚人先生
会場:プラザ平成

8. 16:30~17:30
グランドプリンスホテル高輪へ移動

9. 17:30~19:30
20周年記念式典
会場:グランドプリンスホテル高輪
「プリンスルーム」

二日目

1. 9:00~12:00
論文発表分科会
会場:プラザ平成

2. 12:00~13:00
昼食

3. 13:00~15:00
フォーラム
「アジア・アフリカの公衆衛生」
(司会:Dr. Douglas Osei-Hyiaman)
「21世紀の教育」
(司会:Dr. Sunil Nawaratne)
「東アジアの環境と安全保障」
(司会:Dr. Jingoo Cho, Dr. Ryo Kohsaka)
「お茶を巡る歴史と文化」(仮題)
(共催:東京藝術大学)
「テクノロジーとビジネスの未来図」
(司会:Dr. Zahir Ahamed)
「バイオサイエンス最前線」
(司会:Dr. Mohammad Ishtiaq)
「これからの科学技術」
(司会:Dr. Stephen Kyalo Kanyiva)
会場:プラザ平成

4. 15:30~17:30
閉会式会場:プラザ平成

5. 17:30
解散


※ポスター発表及びロボラボは終日展示されます

2017年8月19日(土)

一日目

1. 9:30~10:30
受付

2. 10:30~10:50
オープニングセレモニー
会場:プラザ平成

3. 10:50~12:20
パネルディスカッション
「公正な社会にむけての協働:スキル、知識、そして経験を活かして」

(司会:Dr. Naonori Kodate)
会場:プラザ平成

4. 12:20~14:00
昼食

5. 14:00~15:10
本庄寄席
「語り継がれる日本文化~落語に挑戦」

(協力:古今亭菊千代師匠)
会場:プラザ平成

6. 15:10~15:30
コーヒーブレイク

7. 15:30~16:30
基調講演
「国際リニアコライダーと地域からの開国」

講師:岩手県立大学 学長
前・高エネルギー加速器研究機構 機構長
鈴木厚人先生
会場:プラザ平成

8. 16:30~17:30
グランドプリンスホテル高輪へ移動

9. 17:30~19:30
20周年記念式典
会場:グランドプリンスホテル高輪
「プリンスルーム」

2017年8月20日(日)

1. 9:00~12:00
論文発表分科会
会場:プラザ平成

2. 12:00~13:00
昼食

3. 13:00~15:00
フォーラム
「アジア・アフリカの公衆衛生」
(司会:Dr. Douglas Osei-Hyiaman)
「21世紀の教育」
(司会:Dr. Sunil Nawaratne)
「東アジアの環境と安全保障」
(司会:Dr. Jingoo Cho, Dr. Ryo Kohsaka)
「お茶を巡る歴史と文化」(仮題)
(共催:東京藝術大学)
「テクノロジーとビジネスの未来図」
(司会:Dr. Zahir Ahamed)
「バイオサイエンス最前線」
(司会:Dr. Mohammad Ishtiaq)
「これからの科学技術」
(司会:Dr. Stephen Kyalo Kanyiva)
会場:プラザ平成

4. 15:30~17:30
閉会式
会場:プラザ平成

5. 17:30
解散


※ポスター発表及びロボラボは終日展示されます


9. 登録料及び交通費

全ての参加者の登録料は当財団が負担します。
パネルディスカッション&ワールドカフェ、本庄寄席、基調講演、論文発表分科会、フォーラム&ワークショップへの参加者には、旅費の助成があります。
各イベントの詳細はこちらをご覧ください。<参加募集>
旅費の助成の詳細については、こちらをご覧ください。<交通費の助成について>


10. 連絡先

公益財団法人本庄国際奨学財団
担当:河島伊都子/ラジブ・シュレスタ
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-14-9
TEL 03-3468-2214 FAX 03-3468-2606
E-mail: hisf-20-anniversary@hisf.or.jp
URL: http://www.hisf.or.jp


11. 実行委員会メンバー 一覧

• 香坂 玲(実行委員長)
• 花木 伸行
• 馮 波
• ダグラス オセイ・ヒアマン
• 東野 アドリアナ ピッチニーニ
• ナビン アリヤル
• 朱 庸善
• 呉 泰雄
• 周 炫宗
• アリアル ゴピ
• 小舘 尚文
• 張 勃
• ニナ フェリシダッド ノベロ ノコン
• ウィナルト クルニアワン
• カニヴァ スティヴィン キャロ
• 林 彦宏
• イヴァン ザハリエヴ クラスイミロヴ
• シェド ホック エムダットル
• イット ワンシット
• 金 佑勁
• アフマッド ザヒル
• 五十嵐 敬幸
• バロリ ブレンディ
• スニル ナワラトネ

※HISF奨学金受賞期順、敬称略