財団の紹介

財団の歴史

財団法人本庄国際奨学財団は、株式会社伊藤園代表取締役会長本庄正則が、個人の保有資産である2億円と株式会社伊藤園株式100万株を基本財産、1億円を運用財産として寄付をし、平成8年12月25日文部大臣(当時)より設立を許可されました。
また平成10年3月には特定公益増進法人に認定されました。
平成14年7月に本庄正則が他界し、夫人の本庄照子が志を継いで理事長に就任しました。同時に伊藤園の株式160万株が基本財産として財団に寄贈されました。平成22年3月31日現在財団の総資産額は97億9,269万3,812円です。

主に発展途上国とその地域の平和的発展を願って、将来そのリーダーとなり得る優秀な学生に対して、奨学金援助を行っております。
研究分野を問わず、優秀な学生には学位取得に至るまで奨学金援助を行い、アルバイト等に時間を奪われることなく学問に専念して学位を取得し、帰国後は母国 のため有為な人材になって欲しい、さらに親日家となり母国と我が国の掛け橋になってもらうことが、「本庄国際奨学金」の基本理念であります。
当財団の「本庄国際奨学金」には「外国人留学生奨学金」と「日本人留学生奨学金」の主に2つの奨学金制度があります。また、海外の大学および機関と合同で運営している奨学金プログラムが5つあります。
いずれも指定校制といわれる、大学を通じて申請する方法ではなく、各個人が直接財団または運営機関へ応募できる制度を採っております。
平成22年までに本庄国際奨学金を受けた留学生は、58カ国、350名になりました。
今後も毎年新規に奨学生を採用し、一人でも多く援助することによって留学の促進と国際交流のために尽力していきたいと考えております。